出会い系サイトを利用する上で気をつけなければいけないのが、詐欺目的や個人情報を盗み取ることを目的とした悪質なサイトです。

出会い系サイトは、ネット上で出会いを見つけることができる大変画期的なサービスなのですが、その利便性を逆手にとった悪質なサイトもたくさんありますので注意する必要があります。

ここでは、そんな悪質な出会い系サイトについてまとめています。

悪質な出会い系サイトとは

まず、はじめに出会い系サイトを装った悪質なサイトにはどのようなものがあるのでしょう?

出会い系サイトを利用するうえで特に注意が必要とされる悪質なサイトには以下のようなものがあります。

  • サクラ
  • 架空請求・不当請求
  • 偽サイト(ダミーサイト)

それでは、それぞれの内容を詳しく見ていきます。

サクラ

悪質な出会い系サイトに代表されるのがサクラです。

出会い系サイトのサクラはサイト側の人間が会員に成りすまし、利用者とのやり取りのなかで故意に課金させたり有料のサービスを利用させることを目的としています。

詐欺の手口としては大変古典的ですが、気づかずに大金をだまし取られる人も少なくないのです。

サクラは基本的に金銭をだまし取ることを目的としているため有料の出会い系サイト、特にポイント制のサイトに多いとされますが、無料の出会い系サイトでも提携する他の有料出会い系サイトに誘導するケースもあるので油断はできません。

また、一時期流行った手口で「成りすまし」というものがあり、芸能人やそのマネージャーを名乗る相手から「相談相手になって欲しい…」とか「友達になって欲しい…」といったメールが届き、しまいには「立場上秘密にしておいてください…」というメッセージで釘を刺され、誰にも言えないままやり取りを続けた結果気づけば高額な料金をつぎ込んでいたというケースもあります。

芸能人が出会い系サイトのイメージキャラクターを務めるケースはありますが、本人やそのマネージャーが出会い系サイトを利用して一般の利用者とやり取りすることはまずありません。

冷静に考えてみればわかることです。

架空請求と不当請求

悪質な出会い系サイトはサクラを置いているサイトだけではありません。

出会い系を装ったサイトの中には、架空請求や不当請求によって強引に利用者から料金を騙し取る詐欺サイトもあります。

それでは、架空請求や不当請求とは一体どのようなものなのでしょう?

架空請求と不当請求…一見同じようなものに見えますが、その内容は少し違ってきます。

まず、架空請求は、実際には契約していないにもかかわらず、あたかもどこかで契約したかのように見せかけて商品代やサービス料を騙し取る詐欺の手口です。

出会い系サイトでいえば、実際には有料の機能やサービスを利用していないにもかかわらず、あたかも利用したかのように見せかけて利用料金を騙し取る形になります。

一方、不当請求は、契約した内容とは異なる法外な料金を請求し金銭を騙し取る詐欺の手口になります。

出会い系サイトでいえば、実際に利用した機能やサービスの料金よりもはるかに上回る料金を請求しお金を騙し取る形になります。

いずれも、基本的には無視をして料金を支払わないことが対応策となりますが、悪質な請求が一方的に続く場合は各地域の消費生活センターや国民生活センターへ相談しましょう。

「周囲に知られたくない…」「わずかな料金なら支払って無かったことに…」といった理由で支払いに応じてしまうケースも少なくありませんが、実は架空請求や不当請求を行う悪質なサイトの狙いはそこですので、絶対に支払いに応じてはいけません。

支払いに応じてしまうと、さらに法外な料金を請求されることもあります。

偽サイト(ダミーサイト)

偽サイト(ダミーサイト)は様々なネット詐欺で横行しています。

たとえば、銀行や金融機関の偽サイトでは銀行の口座番号や暗証番号、さらにはクレジットカードの番号などを盗み取り、その後口座から不正に預金を引き出されたりクレジットカードを悪用されてしまいます。

ちなみに、銀行や金融機関を名乗った偽のメールなどを送りつけ、そのメールに記載してあるリンクから偽サイトへ誘導する詐欺をフィッシング詐欺といいます。

出会い系サイトの偽サイトでは主に利用者のメールアドレス、そして利用料金を支払う際の口座番号や暗証番号さらにはクレジット番号などが標的になります。

また、なかにはサクラが連絡先の交換を持ちかけてきて、電話番号を不正に盗み取る場合もあります。

言うまでもありませんが、偽サイトでは出会いなど見つかるわけがなく、盗み取られた情報をもとに金銭を盗み取られたりさらなる詐欺被害に遭う可能性もあるので、信頼できるサイトを利用するようにしましょう。