ネット上には実にたくさんの出会い系サイトが存在しているわけですが、なかには登録はもちろんすべての機能が無料で使い放題という、いわゆる完全無料出会い系サイトというものがあります。

無料で利用できるサイトがあるのなら、何もポイント制や定額制といった有料の出会い系サイトを利用する必要はないだろう…そう考える人も多いと思いますが、無料の出会い系サイトはポイント制や定額制のサイトに比べて機能面や安全性そして出会い率のどれをとっても勝っている点は何一つなく、逆に悪質なサイトは数多くありますので、特に出会い系初心者の方は無料出会い系サイトの利用を控えることをおすすめします。

ここでは、完全無料出会い系サイト仕組みと特徴そして危険性につてまとめています。

完全無料出会い系サイトの仕組み

それでは、まず完全無料で利用できる出会い系サイトの仕組みを見てみましょう。

完全無料出会い系サイトの多くは、スポンサーからの広告収入で運営されています。

そのため、サイト内に広告バナーや他サイトへのリンクが張られていたりします。

また、あるときは登録したメールアドレス宛に広告メールや勧誘メールが届くこともあります。

悪質なサイトになると1日に数十件のスパムメールが送られてくることもあるので、登録するメールアドレスはいつでも捨てることができるフリーメールアドレスにしておく必要があります。

さらに悪質性の高い無料出会い系サイトになると、登録の際に提携する有料の出会い系サイトにも同時に登録されることがあります。

同時登録されても無料のサイトだけを利用する分にはお金は掛かりませんが、実際には無料のサイトだけで出会いを実現することは非常に困難で、仕方なく同時登録された有料のサイトを利用してしまうケースも少なくないのです。

また、同時登録された有料の出会い系サイトは料金設定が非常に高く、サクラサイトである可能性も少なくありません。

「こんなことなら、はじめから優良な有料の出会い系サイトを利用しておけば良かった…」

無料出会い系サイトには、そんな後悔をさせるサイトが数多く存在しているのです。

無料出会い系サイトの特徴

無料出会い系サイトの特徴は、何と言っても男性も無料で利用できるところです。

しかし、女性はポイント制や定額制といった有料の出会い系サイトでも基本的に無料で利用できるところがほとんどなので、「無料」という恩恵を受けるのは男性だけと言うことになります。

無料と言うだけあって機能やサービスはいたってシンプルで、チャットや日記・ゲーム・コミュニティ…といった豊富なコンテンツを備えるポイント制の出会い系サイトに比べると、雲泥の差…。

物足りなさを感じずにはいられません。

無料出会い系サイトにメリットはない

「無料出会い系サイトにメリットはない…」というと、無料だからそれだけでも男性にとってはメリットでしょ…という方もいると思いますが、それも含めてメリットらしいメリットは何一つないのが無料出会い系サイトなのです。

…というのも、前述したように女性はポイント制や定額制といった有料の出会い系サイトでも基本的に無料で利用できるところがほとんどなので、敢えて機能やサービスで物足りなさを感じる無料出会い系サイトを利用する事はありません。

逆に、男性は無料と言うことでここぞとばかりに殺到してきますが、そこには女性の会員がほとんどいないわけですから、出会いどころか返信すらもらえないのが実状となっているのです。

ですから、無料で利用できると言うことは男性にとってメリットのように思えても、それが逆に男性の出会い率を引き下げるデメリットになっているのです。

無料出会い系サイトの安全性

無料の出会い系サイトは、料金が発生しないわけだからサクラや詐欺被害のリスクが少ないのでは…?

そんな誤った認識を持った人もいるかもしれませんが、無料出会い系サイトはポイント制や定額制のサイトよりも危険性は高くなります。

たとえば、前述した提携する有料のサイトに同時登録を行う無料出会い系サイトの中には、有料のサイトへ誘導するサクラも多くいますし、有料のサイトは利用していなくても登録している事実があることで架空請求や不当請求といった詐欺のリスクは高くなるのです。

また、無料の出会い系サイトは料金が発生しないことで誰もが気軽に参加できるので、サクラではなく外部から他のサイトへ誘導する「業者」と呼ばれる存在にも注意が必要となるのです。

無料だから損はしない…。

無料だから詐欺はない…。

無料で出会えたら丸儲け…。

そんな安易な思いで無料の出会い系サイトを利用すると、思っていた以上の損害を被ることもあります。

「こんなことなら、はじめから優良な有料の出会い系サイトを利用しておけば良かった…」と、ならないためにも優良な出会い系サイトを利用するようにしましょう。